FC2ブログ

北陸予選レポとデッキ解説

GPベスト32で店舗予選完全にサボって参戦した北陸予選
デッキ構築はカードプールが出揃ってからと決めておりました

今回のデッキ

コッコ・ルピア 3
メガ・マグマ・ドラゴン 3
熱血提督 ザーク・タイザー 3

指令の精霊龍 コマンデュオ 4
時の玉 ミラク 4
聖歌の翼 アンドロム 4
真紅の精霊龍 レッドローズ 3
聖龍の翼 コッコルア 3
革命天王 ミラクルスター 3
時の革命 ミラダンテ 2
聖霊龍王 ミラクルスター 2
鼓舞の精霊龍 ミカエール 2
偽りの王 ナンバーナイン 1
超過の翼 デネブモンゴ 1

聖歌の聖堂ゾディアック 2



そして結果
天門○
黒単△
赤単○
赤単✕
天門○


 黒単は盤面自体は危なげなく優位を保ちながら進めるもザークタイザー2回で1枚しか拾えなかったのとワンパンでデスハンズ踏んで攻めの機会を失ったのが響いて長期戦に、最後の最後でキラーザキルの返しにハンドに低コストの進化元が欠け(ザークタイザーで5枚ボトムに埋まった)進化が腐り焦ってミラダンテに意識が行き過ぎて6ミラクルスターのブレイク枚数を勘違いして盾に行けばワンチャンある盤面で責めずに時間切れ。

 赤単一人目はミラク→アンドロムスタートで相手の動きがしょっぱかったこともありレッドゾーン4枚消費されておきながら割れた盾が2枚。4枚目のホーリーがザ・マッハで捲れたのを見てナインで呪文止めて特攻かけて勝ち
赤単二人目はミラク引けず初手に赤3枚抱えてのスタートでアンドロムのマナ武装の為に7ミラクルスターを置かざるを得なかったのが響いて最後はマグマ握られて無ければ返しのミラダンテ革命0で勝ち見える盤面まで持って行くも無慈悲のマグマ(コスト1)
直前のターンにミラクルスターの何れかを握れていれば勝ちは見えてた。
先4時点で5枚赤抱えるとか悪夢かと思ったがこの辺は構築の弱みが出たところと割りきるしか無い。

結果3-1-1で引き分けで勝点が発生しないのでオポ差で予選落ち



以下デッキ構築の経緯と環境に対するアプローチ

 まず黒単、赤単に関してはどうあがいても予選から戦っている他プレイヤーとの経験差が出るのは避けられないので他のアーキタイプ探しから始まりました。
 店舗予選を勝ち抜いたレシピを漁り見つけたのが白単連鎖というアーキタイプ、さらにザークタイザーをタッチした型を発見
赤単を意識すると中継のララァとコッコルアはレッドゾーンに轢き殺されるのでいっそのことパワー1000のコッコルピアならミラクを避雷針にして生存させれば有利に立ち回れるのではと思いついたのを契機にデッキ構築を開始


完成したのが以下のデッキ、このデッキは赤単に対して高い勝率を誇ることができました。

コッコ・ルピア 3
イフリートハンド 3
熱血提督 ザーク・タイザー 3

指令の精霊龍 コマンデュオ 4
時の玉 ミラク 4
聖歌の翼 アンドロム 4
真紅の精霊龍 レッドローズ 3
信頼の玉 ララァ 4
革命天王 ミラクルスター 2
時の革命 ミラダンテ 4
聖霊龍王 ミラクルスター 2

聖歌の聖堂ゾディアック 2




 しかしこのデッキ、ザーク込にしても黒単に弱い弱い。ぼっこぼっこにされたので、黒単対策として起用されていたマグマをいっそこのデッキにも採用してやればといった奇行に走りつつも採用自体には手応え

 決め手となったのは、東京予選で紹介されていた、鼓舞の精霊龍 ミカエールを採用した白単連鎖。衝撃でした。見逃してた自分を殴りたくなりました。
 マグマ耐性を得ることに成功し、ボンバクに溶かされるララァの枠に疑問を感じていたところをコッコルアに、天門への対応策としてナインを加えつつ(この環境で赤単耐性を思いっきり下げて)たどり着いたのが今回の型です。

結果マグマは相手の盤面を叩き割りながらミラクのエスケープで実質キャントリップというキチガイ生物に
相対的にドラゴン比率が上がりザークタイザーはアドレースを戦う上でかなり重要な立ち位置に

デッキ遷移はこんなもんです

後はトップメタへの対応

対赤単
 ベーシックな型ならミラクを引ければ7割勝てます。更にルピアに繋がれば9割勝てます。
基本的には序盤を堪えて革命ドラゴンで一気に捲る感じで、レッドゾーンの一掃とマグマに気を使ってれば問題無いでしょう。
調子に乗って連鎖で展開し過ぎるとマグマで痛い目見るので注意、小型は素早く進化元にするかミカエールでパンプ
詰めはこちら側の盾に期待できない構築上トリガーホーリーからレッドゾーンの恐れがあるので盾を5~6枚に整えてから殴るか革命0発動させてから殴るのが安全です。


対黒単
 マグマを握れていれば序盤の展開はミラク以外控えて相手が展開してきたところを一掃→次ターン連鎖で盤面展開
ザークを握れていれば序盤はミラク、コッコルアを中心に展開して手札を減らしブラックサイコを牽制、隙を見て6ミラクルスターで殴りかかるのもいいでしょう。
基本的に手札の枚数維持を意識していれば1,2回キラーザキルに一掃されたところで息切れはしません。相手の場に生物を並べさせるとギャロウィンが怖いのでその点だけは注意。

対天門
 ミラク以外の無駄な展開は避け、ひたすらアドバンテージレースをするのが効果的です。コマンデュオを中心に手札を絶やさず常にザークタイザーを握りダークマスターズの返しに召喚して手札を回復させることを意識。
 とにかく相手の生物はタップキルしていきましょう。ミラダンテ、ミラクルスターはパワー負けしないのでこれらを中心に盤面制圧。
詰めはナンバーナインを置いてからの数攻めが理想的、序盤からミラクで自分の盾を削れていればミラダンテと合わせてタイムストップも狙えます。

一応トップメタ3種に苦手なデッキは無いです。というかそういうふうに組みました。上の3デッキしか見てないです。
ジュパックとかいう出た時点で詰みまで見える生物もいるけど問題ないんです。

細かいプレイングとか個別カード解説とか書いているとドキンダムX発売しそうなので動かして慣れてください。
とりあえずデッキの核はミラクです。
後コッコルピアの利点は、レッドゾーンを避けて常に展開の中心に立てる事と火のドラゴンのコストも下がることですね。








こんだけ連ねてもドキンダムで環境一変待ったなしなのでどうにもならん(ベアフガンキリンジュパックとか冗談抜きで勝てる気がしない)

スポンサーサイト

2015.12.14 | | コメント(0) | トラックバック(0) | デュエマ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

砂利

Author:砂利
/@jarimint\

最新コメント

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR